銀の釣り情報局

みのげマス釣りセンター(行ってみた!!)

time 2019/09/01

みのげマス釣りセンター(行ってみた!!)

良い天気の中、管理釣り場に行こうと決意した私は朝の8時頃から高速で「蓑毛ます釣りセンター」に向かった。道中など看板が分かりにくいので下記参考にしてみてください!

 

持っていくと便利な物

●軍手

生きた魚を触るので、滑りやすいです。軍手があると手返しよく釣りを楽しめるなぁと感じました。

●タオル

水場での遊びなので、タオルは必需品と言ってもいいでしょう。手はもちろんですが足や服も多少は濡れるので、少し多めに持っていきましょう。

●ビニール袋

釣った魚を持ち帰る際もそうですが、濡れてしまった衣服などを入れるのにも一役かってくれます。余ったコンビニの袋なんかでも十分です。

 

料金

●釣堀

貸し竿(エサ付き)200円

ニジマス1匹380円

※釣った分は全て購入します。食べる分だけ釣るようにしましょう。

●川釣り・つかみ取り

一区画4000円8匹放流

一区画4800円10匹放流

グループの人数によって放流の数が増えますので、現地にてご確認ください

10人以上だった場合、+480円/一匹

それにしても間違いなく安いです。

 

アクセス

●住所


東名高速秦野中井ICから15分程、蓑毛橋の手前を右折してください 。

 

 

●みのげマス釣りセンターの曲がる場所

みのげマス釣りセンター 看板この看板のすぐ反対側の道路を上がっていく(細い道です!)看板の奥に見えるのが蓑毛橋です。
この蓑毛川の少し上流(川添い右折)がセンターの入り口になっています。

写真の道路は国道70号ですね、ずっと先に行けば神奈川県唯一の村の清川村や宮ケ瀬湖が出てきます。

 

釣り場写真

●釣り場1

 

みのげマス釣りセンター 写真まず驚くのは、水がめちゃくちゃ綺麗!!透き通っています。また清流の釣り場は、それぞれ区画化されていてこの中に係の人がニジマスを放流してくれます。釣り方のレクチャーや注意すべき点等、説明も終始丁寧に教えてくださいました。

 

●釣り場2

蓑毛ます釣りセンター 手掴み隣の清流はやや流れがあるものの、放流場所はしっかりと整備されていて安全に釣りを楽しむ事が出来ます。しかし、靴などは滑りにくいものを選ぶ方が良いと思います。

 

●釣り場から見る清流

みのげマス釣りセンター 清流各所緩やかな滝つぼが出来ていて、ここにエサを落としても何か釣れるかもしれません。夏場などはお子さんの良い遊び場になりますね!沢がにが居るとか子供たちが騒いでました。

 

みのげ茶屋

●店構え

みのげマス釣りセンター みのげ茶屋釣った魚を敷地内の「みのげ茶屋」にて150円で塩焼きにしてくれます。釣り場のすぐ脇にある食堂で、眼下に釣り人を眺めながら沢の音に耳を澄ます良い場所でした!

 

●メニュー

みのげ茶屋 メニュー入ってみて驚きました。メニュー豊富で、みそ田楽を頂きました!

 

●テラス席

みのげ茶屋 テラスみのげ茶屋さんのテラス席を利用させて頂きました。最高です。沢のせせらぎと鳥の鳴き声、ニジマスを焼く匂い。。。最高の贅沢を頂きました。

 

●ニジマスの塩焼き

みのげ茶屋 ニジマス塩焼き釣り料金を既に払ったお客さんは、一匹150円で塩焼きにしてくれます。私は2匹釣ったので内臓処理をしてもらい、300円で料理してもらいましたがとてつもなく美味しいです!!さっきまでエサをつついていたと思うと胸が痛い気持ちもありますが、美味しさの方が勝るほどでした!

 

余談

神奈川の山全体に言える事なのですが、野生の動物は間違いなくいます。彼らの住処に我々がお邪魔しているので、当たり前と言えばそうなのですが、これをみて再確認しました(笑)

丹沢 熊熊出るんだな~って。釣り場から見える少し上流の木に貼ってあったのですが、実際怖気づきました。

地元の方に聞きましたが、見たことは無いそうです。ただ、生息域には入っているし観光の方も多いから念のため、、という事でした。釣り人も多いし子供が沢で騒いでるので、めったには近寄ってこないとは思いますが、念のため。

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー



sponsored link