銀の釣り情報局

キス釣りのコツと道具の選び方はこうだ!

time 2019/10/26

キス釣りのコツと道具の選び方はこうだ!

キスといえばサーフの人気ターゲットですね!お土産として持って帰っても大人気ですし、引き自体も楽しませてくれます!
釣り方などをまとめたので、釣行の際に参考にしてみてください。

キス釣り,サーフ,砂浜,

出典:写真AC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生態


砂地に生息していて、夜になると砂から顔を出して外敵から隠れているようです。

北海道から沖縄まで幅広く分布しているようですが、水温の低い地域に行くほど釣れる時期は短くなっていきます。

主にじゃりめなどのゴカイ類を食べています。釣行時はワーム(疑似餌)じゃりめをえさにすると良いでしょう。

 

仕掛け


仕掛けとしては、「天秤」と「キス用仕掛け」を使います。

キス釣り 天秤

キス釣り 仕掛け テンビン
こんな感じで道糸に接続します。出来合いの物をセットするだけなのでとても簡単です。また遠投してからは「底を引く」釣りになるので、漁礁や根に引っ掛かかって仕掛けが切れてしまう場合もあります。予備の仕掛けは多めに持っていく事をお勧めします。

 

キス釣りの竿


サーフでのキス釣りをする場合、好みにもよりますができるだけ長めの竿が良いと筆者は考えています。やはり遠投すればするほど魚に出会える確率は増えますし、「かけあがり」等のポイントを攻める場合も飛距離で優位性がグッと伸びると思っています。

キス釣り 竿3~3.5m程の竿を筆者は愛用しています。4mを超えるものもありますが、何回か投げているうちに腕が疲れてくるので自重の軽いものを選ぶようにしましょう。

 

キス釣りのリール


キス釣り リール
3,000番台から4,000番台までの物で、PEの細糸が200mは巻けるものを選びましょう。さらに言えば自重も軽いものがお勧めです。2,000まで落とすと、不意の大物やパワー不足が頭から離れないのであまりお勧めはしません。

 

キス釣りのライン


キス釣り 糸
0.6~1号までのPEラインを選びます。よく「PEラインは風に弱い」と聞きますが、それはウキ釣りなどの釣り方の問題であって遠投して底をズルズルと引きずってくるキス釣りとは別物と考えます。また、PEラインの優位性として「リールにより長く糸を巻ける」「ナイロンよりも飛距離が出る」こともあります。1号のPEであればナイロン3号に匹敵する強度を持つため、同じリールでも約3倍の長さを巻けることになります

 

キス釣りであったほうが便利な物


竿立て

キス釣り 竿立て

投げ竿を数本投げっぱなしであたりを待つ釣り方もあります。このスタンドタイプの竿立てを使用し、砂浜でジッと待つ方法がオーソドックスです。

 

キス釣り 鈴
置き竿にする場合、絶対に使用したいのが鈴です。魚がかかると音が鳴り知らせてくれます。また、この鈴を使った釣り方は、夜釣りでも活躍するため銀ちゃんは蛍光タイプを愛用しています。(夜釣りも好きだからです。)

 

キスの釣り方

遠投してから底をゆっくりと引きづってくる。この釣り方だけですが、実はコツがあります。引っ張ってくる際に砂浜の駆け上がりなどを感じる事が出来ます。引っ張っている際に砂の抵抗を受け糸を巻く力が強くなったり弱くなったりします。この強くなっている時が駆け上がりの部分ですね。この駆け上がりにキスが溜まりエサを待っているので、駆け上がりに来たタイミングで少し待ちます。そうすると竿先にもビクビクッと当たりが来ます。それを一投のうち何か所か重ねる毎に沢山のキスが掛かるわけです。

 

以上、キス釣りについてザックリではありますがまとめてみました!皆さんの良い釣果を願っております!

 

sponsored link

down

コメントする






sponsored link