銀の釣り情報局

イナダを釣る!2019年の東京湾は年内【激熱】

time 2019/11/18

イナダを釣る!2019年の東京湾は年内【激熱】

今年イナダを始め青物と呼ばれる回遊魚が多く湾奥まで来ています。東京湾の水質が、有志の方の力で良くなってきている事や温暖化の影響もあるかもしれませんが、各地で沢山釣れています!今回は釣り方の基礎から説明していきます。

 

んで、イナダってなんだろう?

イナダ 釣り 関東

出典:写真AC

簡単に言えばブリの幼魚ですね!ワカシ(35cm以下)→イナダ(35-60cm)→ワラサ(60-80cm)→ブリ(80cm以上)と幼魚のうちから名前がついており、大きくなるにつれて名前が変わるため「出世魚」と呼ばれています。また、ブリもさることながらイナダの方が脂の乗りが良いという方もいるほど広く愛されています。スーパーなどでも1尾300円程で売られているのを見ましたが、味は絶品ですね!

 

イナダの釣れる場所はどんなところ?

潮通しの良い場所で、水深もある程度あれば回遊してくる可能性は大いにあります。フィッシュイーターですので、捕食対象のイワシを始め小魚が接岸してこないと釣れません(回遊してきません)。基本的に釣り情報などをこまめにチェックし、当日の釣行場所を決めましょう!

 

磯場など
イナダ 磯 釣り

出典:写真AC

サラシの効いている磯場などは青物も集まりやすいです。さらに、岩場にベイトが打ち上げられているようならチャンス!!!そのベイトにサイズとカラーを合わせ、迷わずキャストしましょう!岩場での釣り方はルアーで攻めるのが一般的です。先ずはトップウォーターで表層を探り、ミノーで中層をチェックします。

 

砂浜
イナダ サーフ 釣り

出典:写真AC

意外と思われるかもしれませんが、砂浜も青物釣りには欠かせないフィールドです。夏の海水浴客が居なくなったビーチでは、入れ替わるように釣り人が歩き回るのです。砂浜で釣る利点は、「外道も十分ゲストとして迎えられる事」これに尽きます。ヒラメマゴチを始めメッキやサバなど多くのフィッシュイーターが顔を見せてくれます。一日中キャストしていても飽きないほどの出会いをしてしまうと、砂浜から帰りたくなくなってしまいますね!

ランガンの詳しい情報はこちら→秋のランガン!!釣り座を構えず足で釣る【ショアの大物】

 

ボートで釣る!!!
イナダ 釣り 沖

出典:写真AC

ボート釣りはなんといっても沖のポイントに行けるのが魅力の一つでしょう。力任せに沖にキャストする必要もなく、船のヘリから仕掛けを垂らすだけで釣れる可能性があります。とはいえ、闇雲に釣り場を選べば良いことはなく、漁礁や沖のブイ周り、沖の堤防周りなど変化のある場所を攻めるのがセオリーと言えます。

神奈川県のボート店はこちら神奈川県ボート釣り 11選【厳選】

 

青物の泳がせ仕掛け

青物 泳がせ 仕掛け
生きたアジ・小サバ・イワシなどを餌にして釣る釣り方です。ドジョウや金魚も生餌としては効果的ですが、狙う「水深」によっては淡水魚はイチコロなので、淡水魚を餌とする場合は防波堤などでやるようにしましょう!

 

遠投サビキ仕掛け

遠投サビキ 青物

沖にがっつり遠投し、かごの中の「撒き餌」で青物を寄せて釣る釣法です。青物以外にも真鯛などが食ってくる場合があるので、クッションゴムを使うなど糸のテンションを和らげる仕掛けで臨みましょう!

 

ルアーで釣る場合

青物 ルアー
ジギングと呼ばれる重さのあるルアーをキャストします。この重さによって飛距離はもちろん変わりますが、大きければいいというものでもなく、ベイトとなっている小魚の大きさに合わせるのが大切になります

 

ワームで釣る場合

青物 ワーム 釣り
ジグヘッドを装着し、ナブラや潮目・浮遊している障害物付近にキャストします。ベイトの大きさに合わせて使うワームを決めましょう!

 

sponsored link

down

コメントする






sponsored link